作業事例&実料金!!


生前整理と介護用品

2016年5月2日

事例

群馬県にお住まいのお客様から「母が施設に入居したので、不要品を片付けたい」という依頼です。

介護用品

実際の不要品は、自宅で介護をしていたので介護用品がほとんどです。

では、介護用品とは?

主な介護用品[編集]

引用元 ウィキペディア

2016-05-02 11.31.11

介護用品の中には、消耗品に該当する「紙おむつ」や、コスト的に悩むのが「介護ベッド」ではないでしょうか?

そして介護保険の適用の有無を考えた場合も、レンタルか購入かで悩むと思います。

介護認定

介護保険の適用を受ける場合は、まずお住まいの市区町村窓口にて「介護認定」の申請をしなければなりません。申請の結果、「要介護認定」を受けた場合に「介護保険」のサービスが受けられます。

精神的負担

お客様から聞く実話ですが、施設入居が決まって正直ホッとしたと仰るお客様がほとんどです。それだけ介護される側も、介護する側も精神的負担というのは、計り知れないモノがあると思います。かといって、簡単には施設入居とはいかないのも現実です。

費用の問題や、施設の空き状況などでお困りの方々も沢山いらっしゃいます。

社会福祉協議会を通じての寄付

わたしたちは、今回のような生前整理にも力を入れており、整理活動によって処分が決定された品々の中から「寄付」「寄贈」に該当する品物を、地元の前橋社会福祉協議会を通じて、積極的に寄付しております。

2016-05-01 12.56.23

まとめ

今回の案件では、福祉用具の数々を寄付出来そうです。特に紙おむつや歩行補助器などが喜ばれます。

今後も弊社では、積極的に地域の社会貢献に努めて参ります。


カテゴリ:作業事例&実料金! タグ:,


対応エリア 群馬県 埼玉県 栃木県 茨城県 長野県 東京都 詳しくはコチラ

遺品整理アップデートの資産の有効活用
遺品整理アップデートのゴミ処分