作業事例&実料金!!


不動産会社様・葬儀社様・各士業の方々へご案内

2018年10月26日

必見!!


10%引き

又は

キャッシュバック


不動産会社様へ

管理物件の残置物や夜逃げゴミ、放置自転車やリフォーム産廃、最近の例では、マナーの悪い入居者がいてゴミ置場のゴミが回収されないなど、管理物件の問題は様々です。また競売物件などでも残置物付きで入札される事案も少なくないと思います。社会問題化している『孤独死』などにも直面されていると思います。

遺品整理アップデートでは、どんな案件でも適切に対応出来ますので、お気軽にご相談ください。

葬儀社様・士業の方々へ

ご葬儀の相談や相続の相談まで、クライアントからは様々な相談事があるかと思います。その中で『遺品整理』の相談事も少なからずあると思います。遺品整理アップデートでは、お客様のご紹介というカタチでも『10%キャッシュバック』を約束いたします。大型の高齢者施設からも多くの依頼を承っており、信頼をいただいております。

許可法人

処分の決まった遺品や家具類、産業廃棄物該当品などを運搬するには、それぞれの許可が必要となります。これを取得せずに運搬行為をしてしまうと『違法行為』となり、処罰の対象となります。また、それを知らずに依頼してしまったとしても場合によっては『排出者責任』を負わされかねません。不法投棄の温床とも言われている『無許可業者』には十分に注意してください。

遺品整理アップデートに依頼していただいた場合、運搬は全て『運営法人』にて行いますのでご安心ください。

運営法人リンク

産業廃棄物の管理には、マニフェスト伝票が必要となりますので、各処分先との契約を行います。契約と管理に関しましても代行いたしますので、お客様を煩わせることは一切ありません。

許可一覧

産業廃棄物収集運搬業
第01000182993号
一般廃棄物収集運搬業
前橋市 第340号
渋川市 第134号
古物商許可
第421011502600号

 


カテゴリ:作業事例&実料金! タグ:


対応エリア 群馬県 埼玉県 栃木県 茨城県 長野県 東京都 詳しくはコチラ

遺品整理アップデートの資産の有効活用
遺品整理アップデートのゴミ処分